« あじさい通り | トップページ | 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 »

2008年7月 2日 (水)

雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その1

はじめて雨のサイクリングに参加した。

前日までの天気予報では降水確率絶対保証100%、ロードバイク(TREK MADONE)で行くのをあきらめて、通勤クロスバイク(TREK 7.3FX)で朝5時過ぎに自宅を出発。
ヘルメットの下はキャップ、上半身はジャージとウインドブレーカーのみ(これがあとで後悔する)下半身はサイクルパンツの上からレインパンツ、そこそこ防水機能があるトレッキングシューズといった雨対策。リアバッグの中身は着替え、カメラ、携帯など。万が一浸水に備えて所持品すべてジップロックで密封し完全防水をほどこした。これはあとで大正解と知ることになる。

集合時間の5時半に少し遅れて、樋野口一里塚へ到着。ありがたいことにヤマグチさんも見送りで参加、寅さん記念館前まで伴走してもらった。
それにしても、たすけさん、犬の散歩にでもでかけるような軽装。よくみれば短パンではなく海パンだ。でもなぜか普通のスニーカーに普通の靴下。寒くないのかな?と思ったらやっぱり冷えるらしく、30分おきにトイレに駆け込んでいた。

ほどなく江戸川河口に到着、一路湾岸道路を行く。幕張メッセを過ぎたころ、あれ?湾岸道路から遠ざかるよ〜なんで?先頭を走るタルさんがルートをロストしてしまった。
予定変更し拙者が先頭になり千葉市街をめざして旧道を行くことにした。しばらくして後ろを見るとタルさんがいない。
めずらしくタルさんがパンク。しかも、なぜかいつも積んでいるはずの予備チューブ(米式)を今回に限って家に置いてきちゃったらしい。仕方ないのでたすけさんの予備チューブ(英式)を流用し交換。まぁ修理しながら雨宿りと休憩もできたのでよしとしよう。

Makuhari

途中どんどん雨がひどくなってきた。上半身はびしょぬれ、しかも冷えてきてつらい。当たり前だけどウインドブレーカーは防水機能はダメダメで、縫い目から容赦なく水が染み込んでくる。
途中で100円ショップを見つけたので、駆け込んでレインジャケットを購入。ぺらぺらのビニール製だが、これが意外と使えるのに感心した。単純な作りなので縫い目が少なく防水性能は高いし、フロントがジッパーではなくボタンなので通気性がよく蒸れない。

この時点で11時、約40kmを走った。まだ半分…疲れた。(つづく)

« あじさい通り | トップページ | 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 »

チーム東葛(笑)」カテゴリの記事

コメント

降水確率100%のツーリング
お疲れサ~ン!!! でしたぁ~~^^。
それで、つづきは?
早くしてください(笑)

まっちさんおはようございます。
高低差91mって出てますが、このあと激坂があるってことですか。
続き楽しみにしてます。

ところで雨の日の正しい服装はどうすればいいですかねぇ?

EIJIさん、ご無沙汰してます〜
雨のツーリングも終わってみると良い経験です。
意外と癖になるかも(笑)

spiritさん、おはようございます。
高低差の割に坂はなだらかでトンネルもあり楽勝でしたよ〜。
雨の日の装備、服装については何が必要か今回のツーリングで学ぶことができました。のちほどアップする予定です。

どもども。
色々あった往路でした(笑)。
雨対策はカッコなど気にせず万全にしなきゃなと痛感。
バイザー付きのメットは大正解だったす。
ホント雨は癖になりそー(笑)。

本当にお疲れさまでした。
渡良瀬チームは前日にギブアップしてました。

たすけさんのブログで大まかは把握してますが、早く続きが読みたいです。

Talsaさん、こんばんは。
今回のツーリングは色々と勉強になりましたね。やっぱり道具は重要ですね。
今後の自転車通勤にも応用できそうです。

はんぞうさん、こんばんは。
もしもロードバイクしか持っていなかったら僕もギブアップしてましたよ。
クロスバイクの機動力はたいしたものです。特にディスクブレーキは雨でも安心です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371853/34828934

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その1:

« あじさい通り | トップページ | 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 »