« 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 | トップページ | MTBツーリング(御前山) »

2008年7月 7日 (月)

雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その3

とりあえず山越えして一段落と思ったら、海からの風に雨雲が流されてきているようで雨が一段と強くなってきた。一面、田んぼと畑が広がる田園地帯は目印がなく、一行は徐々に方向感覚が狂い始め、茂原市内を迷走。来た道を引き返したりしてとにかく進む。

当初の予定では昼食は太東漁港でとり、2時頃に灯台に着いて、3時に宿で入浴のはずだったが、この時点ですでに2時近くになっていた。たすけさんもタルさんもスモーカーなので30分おきに喫煙タイムはかかせない。でも一服するための雨風をしのぐ場所もなく、ポケットにしまっていたタバコもビショビショ。全員の疲れがピークに達していた。

たまたま通りかかった街道沿いの大型スーパーでしばしの休憩をとることに。ようやく一息ついて、飲み物と携帯食の補給を済ませ、気を取り直して出発する。するとだんだん雨が小降りになってきた。3人にちょっと笑顔が…

5kmほど走るとようやく九十九里の海岸に到着、あとは海岸線に沿ってサイクリングロードをひたすら南下すればゴールだ。雨がほとんどやんで晴れ間もでてきた。4時に一宮を通過、途中では写真を撮る余裕も出てきた。
Nakaze2_2
せっかくだからと砂浜を見に行こうとしたが、海岸へ続く道路上には砂が堆積していてタイヤがとられて危険と判断、残念ながら断念した。サーファーがたくさんいたがチャリダーはいなかった。その後、国道128号線に合流、かなり狭いアップダウンが続く道路で交通量も多く緊張しながら進む。灯台入口の交差点を左折、そして一気に小高い丘を上がるとついに太東埼灯台が見えてきた。
Taito
時計を見るとすでに5時をまわっていた。松戸を出たのが朝の5時半だからほぼ12時間のロングツーリングだ。タルさん、お疲れさまでした。たすけさん、50歳の誕生日おめでとう。

« 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 | トップページ | MTBツーリング(御前山) »

チーム東葛(笑)」カテゴリの記事

コメント

あらら^^; あらためての祝辞ありがとうございます。

でも、何よりあの天候の中、3人一緒に灯台に到達できた「俺たちの旅」が何よりの祝事でした。

3人が手渡しで自転車を畦道に降ろして
田んぼの中を走り出したあのシーンはいつまでも脳裏に宿っていくことでしょう♪

ありがとうございました♪

たすけさん、おはようございます。
そうですね、あの畦道に降りるところはなかなかいい場面でした。
でも、タルさんの自転車重かったな〜

まっちさん、こんばんは。

なるほど。前回の続きは迷走だったのですね。目印の無いところは方向感覚がなくなります。特に土地勘のないところだと。

それにしても、いいオヤジが三人も集まって雨の中走ってなにやってんだか(笑)。皆さん青春してますね。清々しいです!!

なんつっても雨は方向感覚も狂わせるもんだったなぁ。
復路は所要時間約8時間だったから、漁港でランチって計画は妥当だったんだよね。
それにしても、三人だと「ネプリーグのトロッコアドベンチャー」状態になるよね(笑)。
「おめえが右っつったんじゃねえかよ!」てな感じ(笑)。
ホントに楽しかったぁ〜〜♪。

IKAWAさん、こんばんは。
海に向かって走っているつもりが見当違いの方へ…とにかくだだっ広いところで目印も何にも無いので疲れました。
こういう場面では防水仕様のGPSが欲しいですね。

タルセル・ローズさん、こんばんは。
幕張、稲毛、鎌取、茂原とポイントごとに道に迷いかなりの時間をロスしてしまいましたね。
まぁ木枯らし紋次郎ツアーの時と同様、結果オーライということにしましょう。灯台では雨が上がってましたから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371853/34828937

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その3:

« 雨の九十九里ツアー 太東埼灯台へ その2 | トップページ | MTBツーリング(御前山) »