« 自転車で遠くへ行きたい | トップページ | 週末もポタ三昧 »

2009年1月13日 (火)

新春東葛ポタ

毎月10日は松戸にある「戸定邸」が「とじょうの日」にちなんで、ふだんは立ち入ることの出来ない庭園が一日公開されるそうだ。ちょうど1月は10日が土曜日に重なるため皆で見に行こうと東葛人さんが提案してポタ企画がもちあがった。

戸定邸は水戸藩最後の第11代藩主、徳川昭武(第15代将軍 徳川慶喜の弟)が松戸の別邸として作った屋敷で、拙者が小学生の頃はたしか戸定公民館として使われていたが、その後松戸市により戸定が丘歴史公園として整備され、今も多くの人々の努力によって維持されている。
Tojo1 Tojo2

ボランティアの学術員さんの説明によれば、外見、内部とも派手さは無いが厳選した最高級の杉材が至る所に使用されていて、さすが徳川大名家のお屋敷とのこと。
Tojo3
↑ちなみにこの梁は全く継ぎ目がない一本の木だ。すごい。

この一帯は下総台地の端の高台に位置していて、意外と富士山がよく見えるのだが、残念なことに最近になって江戸川対岸の金町に超高層マンションが建ってしまい、山の半分しか見ることが出来なくなってしまった。
Fuji1 Fuji2

一通り見学した後は、タルサ・マクリーンさん設計による北国分にあるおなじみ「しゃぶ門」さんでランチ。
お店の裏メニューである「霜降り丼」としゃぶしゃぶのセットをいただいた。

つづいて一行は船橋の三番瀬(海浜公園)をめざして出発。拙者はあいにく午後から用事があり、ここで皆さんを見送って離脱。
歴史と旨いものと最高のポタを楽しんだ休日だった。

« 自転車で遠くへ行きたい | トップページ | 週末もポタ三昧 »

チーム東葛(笑)」カテゴリの記事

コメント

macciさん こんばんわ

 あの日はゆっくり話も出来ずに(寒かったし)残念でした。

>その後松戸市により戸定が丘歴史公園として整備され、
>今も多くの人々の努力によって維持されている。

 このあたりは、水を注すようですがいろいろと問題があって……。戸定邸は国の重文になったこともあり、松戸市(教育委員会)の予算配分も多く。それはそれでいいんですが、旧水戸街道沿いの町並み保存をボランティアでやっている人たちには「戸定邸ばかりに予算が行って、こっちは相手にもしてもらえない」「担当者が代わるまでどうにもならん」という意見もあるんですね。古文書の読解(少し研修すればコツはつかめる)など、ボランティアさん募集中です。
 それはともかく、今日は例の歯医者さんに半年ぶりに(検診に)行ってきました。受付嬢(笑)が開口一番、Mさんをご紹介いただいて♪ と、楽しいひとときでした。 

横山さん、こんばんは。
そうですか、色々な事情があるんですね。
あの歯医者さんでは親知らずを抜いたんですが、その後も調子いいです。
明るくていいクリニックですね。人気があるのも頷けます。

macchiさん こんばんわ
マンションに隠された富士山を見事にとらえてますね。
どうやって撮ったんですか。
ちょっと悔しいです(笑)
そう言えば、例のブツ、注文してしまいました。
もちろん、夜走るのが楽しくなるmacchiさんご愛用のライトです。
今年の物欲第一弾です(苦笑)

東葛人さん、こんばんは。
あの写真はふつうにコンデジで撮ってPhotoshopで拡大しただけですよ。
例のブツってCATEYEの方ですか?僕は最近、L2Dの方ばかり使ってます。
そうそう、今日の午後に近所の野々下にある野馬土手を確認してきました。
ブログの通り悲惨な状況でした。あの中に103戸の住宅が建つそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371853/34828962

この記事へのトラックバック一覧です: 新春東葛ポタ:

« 自転車で遠くへ行きたい | トップページ | 週末もポタ三昧 »